道産子ドラマーjunのBlog

洋楽・邦楽音楽全般の小ネタ・バンド活動・ドラムの事・北海道ライブハウス諸々・・・

本日のBGM「CILLA BLACK」

本日は2015年8月1日72歳で亡くなった「CILLA BLACK」を紹介します。

f:id:junjun330:20170601192839j:plain

43年生まれ、本名はPriscilla White! ビートルズが出演していたキャバーン・クラブでクローク係をしていました。

マネジャーはブライアン・エプスタイン、プロデューサーはジョージ・マーティン。アメリカではあまり売れませんでしたが、英国では11曲のベスト10ヒットを持ち、64年にNo.1になった「Anyone Who Had A Heart」(バカラックの曲)は女性シンガーの曲としては英国で最も売れたとか。ジェリー&ザ・ペースメーカーズの映画「Ferry Cross The Mersey」にも出演。60年代末以降はTVスターとして活躍しているようです。

当時、ビートルズの妹分として親しまれていたそうです。

63年に「Lennon/McCartney」による「Love Of The Loved」でデビュー、63年から72年にかけて米国で3曲チャートイン、英国で19曲チャートインしている60年代、英国を代表する女性シンガーです。

 

ここで、私の好きな曲、全英No.1ヒット、64年全米で唯一のヒット「You're My World」観てみましょう。


Cilla Black "You're My World" on The Ed Sullivan Show

この安定感のある歌唱力、ジョージ・マーティンのプロデュースプロデュースもあって最高傑作です。

 

そんな彼女が2015年8月に、スペインの別荘で倒れた後、脳卒中で亡くなったのは非常に残念な事です。

 

「CILLA BLACK」のアルバム2枚を一枚したCD、「CILLA/CILLA SINGS A RAINBOW」がおすすめです。

f:id:junjun330:20170601200022j:plain

ビートルズのカバー「YESTERDAY」が収録されてます。

 

【ビデオマーケット】 ゲオ宅配レンタル