道産子ドラマーjunのBlog

洋楽・邦楽音楽全般の小ネタ・バンド活動・ドラムの事・北海道ライブハウス諸々・・・

本日のBGM「LULU」

現在も活躍している「LULU」を紹介します。

f:id:junjun330:20170530084112g:plain

ルルLulu)の芸名で知られるルル・ケネディ‐ケアーンズOBELulu Kennedy-Cairns1948年11月3日 – )は、イギリススコットランド出身の歌手作曲家女優テレビタレント1960年代から現在までショウビジネスの第一線で活躍している。

アメリカでは、1967年に公開されたジェームス・クラヴェル監督、シドニー・ポワチエ主演の映画『いつも心に太陽を』(To Sir,With Love) のバーバラ・ペグ役と、同名の主題歌を歌ったことで有名。イギリスではデビュー曲「シャウト」 (Shout)、ユーロビジョン・ソング・コンテストのエントリー曲となった「恋のブンバガバン」(Boom Bang-a-Bang) などがよく知られている。

4歳で歌を披露するなど子供の頃から既に歌の才能があったんですね。

14歳の時には、地元バンドThe Gleneaglesにリードシンガーとして加入、グラスゴーエジンバラのクラブに出演、ここで歌のスキルをあげていき、マリオン・マッセイ(後にマネージャーとなる)に発掘され、ルルという芸名にして、バンド名もザ・ラヴァーズと改名した。

 

1964年春、ルルが15歳の時、アイズレー・ブラザーズの「シャウト」をカバー、UKチャート7位まで上昇、一気に人気アイドルとなる。

 

では、「シャウト」をご覧ください。


Lulu & The Luvvers - Shout

 

15歳でこの歌唱力!! ど迫力ですよね!!

  パワフルでソウルフルな歌声、最高です。

 

1966年にはザ・ラヴァーズから離れ、ソロ歌手として独立します。

 

1967年、映画初主演作となる「いつも心に太陽を」が公開され、ルルが歌った主題歌「To Sir With Love」が全米1位に輝く。

 

「To Sir With Love」


To Sir, with love (1967) - the ending

 

いつも心に太陽を」、この映画は白人の生徒たちの高校に赴任してきた黒人教師の物語で、学園もののはしりと言うべき作品で、白人と黒人の社会問題に焦点を当てたものである。

 とてもいい映画でした。

 

1969年、ビージーズのモーリス・ギブと結婚しますが、4年後に離婚します。

 

1976年にヘアー・ドレッサーのJohn Friedaと再婚しています。

 

その後も1980年代、90年代、2000年〜現在まで様々な活躍をされてます。

 

私のおすすめアルバムです。

「The Best of LuLu」です。

f:id:junjun330:20170530092116j:plain

ルル、60、70、80年代のHit集。

デビューヒットの「シャウト」「To Sir With Love」等収録。

ルル入門編にいかがでしょうか。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┃☆秋葉原の【中古DVD専門】毎日大量入荷!年中無休!送料無料☆┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ ◆秋葉原で10年以上営業している中古DVD専門店です。 年中無休で即日発送!全品メール便送料無料です。 状態の良い国内正規品のみの取り扱いで、様々なジャンルの激安商品多数ございます! https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TGD48+IGGJ6+17T8+5YRHF