道産子ドラマーjunのBlog

洋楽・邦楽音楽全般の小ネタ・バンド活動・ドラムの事・北海道ライブハウス諸々・・・

本日のBGM 「Mary Hopkin」

本日は60年代「アップルの歌姫」と言われた「Mary Hopkin」を紹介します。

f:id:junjun330:20170514172918j:plain

メリー・ホプキンMary Hopkin, 1950年5月3日 - )は、英国歌手

ウェールズ出身でウェールズ語母語に育ち、民謡歌手として音楽活動に入る。地元のインディーズ・レーベルでいくつか録音を残した後、ツイッギーに見出されて、ビートルズアップル・レコードと契約する。アップル所属時代は、その容姿や美声から「アップルの歌姫」と呼ばれた。

ポール・マッカートニーがプロデュースしたシングル「悲しき天使Those Were the Days)」は、1968年8月30日イギリスで発表され、有名なスター、サンディ・ショーと競作する格好となったにもかかわらず、彼女の録音が全英シングル・チャートの首位に輝き、全米シングル・チャートでも第2位を射止めた。

ツイッギーに見出され、ビートルズのポールがプロデュース!!

ポールがプロデュースしたファーストシングル「悲しき天使」が全英シングルチャート首位、全米チャートでも2位ですからね、凄いことです。

 

 曲調としては全体的にフォーク路線が強いです。

本人もフォーク歌手にこだわってたみたいですし。

 

ここで私の好きな曲「Goodbye」


Goodbye - Mary Hopkin

 

この曲はセカンドシングルでポールが作詞作曲した楽曲。

  全英シングルチャート2位でした(1位はビートルズゲットバック

とてもキャッチーなメロディーでMary Hopkinの歌声にぴったりな感じです。

 

そんな絶好調の彼女でしたが、3枚目シングルでアップル側はポップスシンガーとしてポールが用意した曲「Que Sera Sera」が気に入らなかったのか、ミッキー・モストのプロデュースした「夢見る港」に変更してしまったのだ。

  この一件でポールはすべてのプロデュースから手を引いてしまったのでした。

 

それでも彼女の人気は絶えることなく、そんな中、1971年結婚して音楽界から引退してしまう。

 

ここで私のお気に入りのアルバム。

  「POST CARD」です。

f:id:junjun330:20170514180754j:plain

こちらはアップルレコードメジャーデビュー1作目のアルバムです。

   ポールがプロデュース・選曲しただけあってMary Hopkinの魅力が満載です。

 

2010年娘のジェシカ・リー・モーガンが歌手デビュー、母親に似て素敵な歌声です。

これからの活躍を期待してます。

 

今なら初月無料!動画を見るならビデオマーケット! ゲオ宅配レンタル