読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道産子ドラマーjunのBlog

洋楽・邦楽音楽全般の小ネタ・バンド活動・ドラムの事・北海道ライブハウス諸々・・・

本日のBGM 「MANFRED MAN」

またまた私のお気に入り60年代ブリティッシュロックから「MANFRED MAN」を紹介します。

f:id:junjun330:20170511163418j:plain

マンフレッド・マンManfred Mann)はイギリスロックバンド

 

マンフレッド・マン(本名マンフレッド・ルボヴィッツ)は、1940年生まれ、南アフリカ共和国ヨハネスブルグ出身のキーボーディスト。
ヨハネスブルグのヴィトヴァーテルスラント大学で音楽を勉強し、クラブで演奏するジャズピアニストとして演奏活動を開始します。

南アフリカ時代の59~61年に最初のバンドVIKINGSで2枚のアルバムをリリース。このグループは南アフリカで最初のロックン・ロール・バンドだったそうです。

同国のアパルトヘイト政策に反発し61年に渡英した彼は、翌年マイク・ハグ(ds)、マイク・ヴィッカーズ(g)、デイヴ・リッチモンド(b)らとともに「MANN HUGG BLUES BROTHERS」を結成。
シンガーのポール・ジョーンズ加入後プロデューサーの提案でバンド名をMANFRED MANNに変更、60年代イギリスを代表するグループの一つMANFRED MANNがここから本格的に始動します。

MANFRED MANNとして活動した64年~69年にはカバーナンバーを中心に数々のヒット曲を送り出し、ブリティッシュ・ビート/R&Bの人気グループとしての地位を確立していきます。幾度かのメンバーチェンジを経る中で、ジャック・ブルース、クラウス・フォアマンなど後の有名ミュージシャンが在籍していたことも特筆すべき点ですね。

マンフレッド・マンの経歴

マン・ハグ・ブルース・ブラザーズ(Mann Hugg Blues Brothers) 1962年後半

第1期 1963年~1964年

第2期 1964年~1965年

第3期 1965年~1966年

第4期(Manfred Mann Chapter Two) 1966年~1969年

(Manfred Mann Chapter Three)

ザ・マンフレッズ(The Manfreds) 第1期 1991年~1999年

ザ・マンフレッズ(The Manfreds) 第2期 1999年~2003年

ザ・マンフレッズ(The Manfreds) 第3期 2003年~2006年

ザ・マンフレッズ(The Manfreds) 第4期 2007年~

この「ザ・マンフレッズ」ですが、肝心なマンフレッド・マンが在籍しておりません。

  マンフレッド・マンは1972年に「マンフレッド・マンズ・アース・バンド」を

  結成しております(現在も活動してるかは不明)

 

なんとも複雑な感じですね!

 

そんな中、私が好きな曲は「Doo Wah Diddy Diddy」


Doo Wah Diddy Diddy Manfred Mann HiQ Hybrid JARichardsFilm

この曲は63年に発表した「The Exciters」のカバーなんです。

R&B、ブルース等を取り入れた感じですね。

 

お気に入りのアルバム。

  「THE BEST OF MANFRED MANN」です。

f:id:junjun330:20170511172910j:plain

ベストと言うだけあって当時のヒット曲が様々聴けます。

 

私の印象はとにかくメンバーチェンジの多いバンドだなと・・・

 

ゲオ宅配レンタル