道産子ドラマーjunのBlog

洋楽・邦楽音楽全般の小ネタ・バンド活動・ドラムの事・北海道ライブハウス諸々・・・

キース・リチャーズ、チャック・ベリーに殴られた事がある!!

ロックンロールの創始者の一人とされるアメリカのミュージシャン、チャック・ベリーが3月18日に死去したのはまだ記憶に新しいと思う。

 

  ミュージックバー等行って初顔合わせセッションする時

  「ジョニー・B・グッド」を選曲すれば知らない人がいない程メジャーな曲だ!

 

ある意味初めて音合わせをするミュージシャンたちの挨拶曲みたいなものである。

  私もチャック・ベリーの曲がきっかけで仲良くなったミュージシャンが沢山いる。

 

そんな私ですら色んな思い出がある中、キース・リチャーズの思い出はある意味羨ましい限りでございます!!

 

ファンならご存知のとおり、キースは一度、チャックに殴られたことがある。キースはこれをチャックの“グレイテスト・ヒット”と呼び、こう振り返った。

「彼がNYのどこかでプレイしているのを観に行ったんだ。その後、楽屋へ行ったら、ケースに入った彼のギターがあった。俺は、職業的興味から見てみたかったんだ。それで、ストリングスをつま弾いていたら、チャックが入ってきて、左目にパンチを食らった。でも、俺が悪かったって思い知ったよ。もし、俺が楽屋に行って、誰かが俺のギターを弾いているのを見たら、そいつを殴るのは完全に正しいことだろ?」

また、チャックをこう称えた。「チャックは俺らみんなのグランドダディだ。もし君がロック・ギタリストで、彼を1番のインフルエンサーに挙げないとしても、そのインフルエンサーは多分、チャック・ベリーの影響を受けている。要するに純粋に、彼はロックンロールなんだ」

 

確かに楽屋に憧れの存在のギターがあったら弾きたくなる気持ち良くわかります。

  私も過去に憧れのドラマーのセット叩かせていただいた事があります。

   (ちゃんと本人に承諾得てからですけどww)

 

そんなキースも73歳なんですね。まだまだ現役で頑張って欲しいです!!

  The Rolling Stonesの曲もセッションの時よく演奏します。 

“(I Can’t Get No)Satisfaction” “Jumpin’ Jack Flash

“Honky Tonk Women”

 

また自分の音楽ルーツをゆっくり辿りたくなってきました!!

  今日は久しぶりに懐かしいレコード&ビデオ出してみようかな。

 

 

ゲオ宅配レンタル

 

 

中古DVDもんきーそふと【送料無料】

 

 

f:id:junjun330:20170405091915j:plain